一般の方へ

一般の方へ

建築士とは

建築士は、「建築士法」に定められた資格試験に合格し、免許を受けたもので、建築物の設計・工事監理などを行う専門家です。一級建築士・二級建築士・木造建築士があります。

住宅やビルなどさまざまな建物の設計図を描き、その設計図をもとに建築現場で指揮・監督をします。建設会社や住宅メーカー、設計事務所などで働いていることが多く、個人の事務所を開いている人も多数います。

建築士会とは

会員の協力によって建築士の品位の保持及びその業務の進捗改善を図り、国土の整備・保全・地域社会の健全な発展、一般消費者の利益の擁護及び建築文化の振興の寄与することを目的に、建築士法に基いて都道府県ごとに設立された団体で、信頼できる建築士が活躍しています。

兵庫県建築士会では、一般の方向けのイベント開催、建築士相談受付(準備検討中)などを行っております。

①建築士に対する支援(建築士の方へ

②社会貢献活動

  • 情報の公開
  • 建築の相談(準備中)
  • 建築士の紹介(準備中)
  • 地域貢献活動:地域に根ざした建築活動
  • 人材の育成:地域活動を行う人材育成
  • 建築物の危険度判定
  • 行政施策の推進の支援:既存建築物の耐震判定・評価機関として診断補強計画の審査

イベント情報

一般の方向けの講座情報はございません。